BIANCHI


ビアンキといえばやっぱり、チェレステカラーですね。

チェレステはイタリアのマルゲリータ王妃の目の色をモチーフにしたという伝説があり、実際に創業者であるエドアルド・ビアンキが、1895年にマルゲリータ王妃に歴史上初の女性用自転車を彼女のために制作し献上した際に、その乗り方を指導している。また、その年のミラノの空の色を見て現地の職人が色を調合するとも言われており、チェレステカラーは毎年微妙に違った色になっているとされている。緑色に近い青色という通り、青みが強くなる年もあれば緑色の強い年もある。現在はホームページを作る際などの為にカラーコードがPantone 333 (C 38 / M 0 / Y 27 / K 0)と指定されている。

ヘッドチューブは彫刻で、パイプはコロンバスSLX

クリックすると新しいウィンドウで開きます

マルコパンターニ